(語る 人生の贈りもの)崔洋一:11 「サイテー」コンビで在日社会描く

有料会員記事

[PR]

 ■映画監督・崔洋一

 「十階のモスキート」を撮った前後ですから1983年のこと。『狂躁曲(きょうそうきょく)』という小説を読みました。梁石日(ヤンソギル)さんの体験を踏まえながら、在日社会を描いており、次はこれを映画にしたいと思いました。しかし、誰もが「在日モノには触るな」と言いました。

 《後…

この記事は有料会員記事です。残り713文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る