(多事奏論)忘れられた憲法草案 受け継ぎたい先人の思い 駒野剛

有料会員記事

[PR]

 JR常磐線小高駅から西へ約10分歩くと、2メートルほどの木製標柱が立っている。

 「憲法学者 鈴木安蔵 生誕之(の)地」

 高々と墨書された文字が誇らしげに躍って見えた。だが、鈴木安蔵とは誰か。岩波書店の広辞苑や三省堂の大辞林には記載がない。小学館の大辞泉(いずれもデジタル版)でようやく見つかった…

この記事は有料会員記事です。残り1453文字有料会員になると続きをお読みいただけます。