「安保法制は違憲」控訴棄却

有料会員記事

[PR]

 集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法憲法違反だとして、市民873人が国に賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(渡部勇次裁判長)は24日、請求を退けた一審・東京地裁判決を支持し、原告側の控訴を棄却した。憲法判断も示さなかった。弁護団は判決を不服として上告する方針。

 原告らは関連法成立で憲…

この記事は有料会員記事です。残り81文字有料会員になると続きをお読みいただけます。