侵攻、カンヌ映画祭に影 マリウポリ撮影中の監督殺害 ロシアの作品上映、ウクライナ映画人らが反対

有料会員記事

[PR]

 チャールズ・チャプリンの映画「独裁者」を引用したウクライナのゼレンスキー大統領のスピーチで始まった第75回カンヌ国際映画祭。ロシアによる侵攻のさなかで開催中の文化の祭典にも、この戦争が影を落としている。

 戦火にさらされるマリウポリの街と、避難する市民の姿。侵攻開始後のウクライナで撮影されたドキ…

この記事は有料会員記事です。残り1159文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら