(論壇時評)沖縄「復帰」50年 交差する抑圧を見つめる 東京大学大学院教授・林香里

有料会員記事

[PR]

 5月15日は沖縄「復帰」50周年の日。作家の目取真俊は、50年経った今も新たな米軍基地が造られつつあることに憤り、これを「クソのような節目」と呼んだ(〈1〉)。この激しい怒りの言葉は何処(どこ)から来るのか。今月は、近年脚光を浴びているインターセクショナリティ(交差性)という思想(〈2〉)に依拠す…

この記事は有料会員記事です。残り2562文字有料会員になると続きをお読みいただけます。