(e潮流)諫早の価値、見直すべき時 石井徹

有料会員記事

[PR]

 残念な判決だった。国営諫早湾干拓事業長崎県)をめぐり、福岡高裁は3月、諫早湾を閉め切る潮受け堤防の排水門について事実上「開門せず」との判断を示した。

 解せないのは、湾周辺の漁獲量を「2013年を境に増加傾向に転じている」としたことだ。

 農水省の資料では、「ギロチン」で湾が閉め切られた1997…

この記事は有料会員記事です。残り690文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載e潮流

この連載の一覧を見る