著作権料、過去2番目の徴収額 昨年度1167億円 JASRAC、配信・サブスク伸びる

有料会員記事

[PR]

 作詞・作曲家らに代わって著作権料を徴収する日本音楽著作権協会(JASRAC)の徴収構造が大きく変化している。2021年度の徴収額は過去2番目に多い1167・3億円(前年度比3・6%増)だったが、内訳を見ると、これまで大きな割合を占めていたコンサートやカラオケ市場からの徴収が新型コロナ禍で低迷。代わ…

この記事は有料会員記事です。残り786文字有料会員になると続きをお読みいただけます。