囲碁界の巨人の、あの笑顔 アマトップ半世紀、菊池康郎さんを悼む 寄稿・秋山賢司〈観戦記者「春秋子」〉

有料会員記事

[PR]

 プレーヤーとして、指導者として、アマチュアの枠を超えて囲碁界に巨大な足跡を残した故・菊池康郎さんの「偲(しの)ぶ会」が今月15日にあり、ゆかりの人たち約200人が集まった。本紙名人戦観戦記を「春秋子」のペンネームで手がける秋山賢司さん(76)もそのひとり。観戦記者として長く接してきた囲碁界の巨人に…

この記事は有料会員記事です。残り1721文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら