(患者を生きる:4345)脳腫瘍から10年 再訪編:1 小学校、卒業できた

有料記事

[PR]

 福井市の浪花莉愛(なにわりな)さんは2歳を前に脳腫瘍(のうしゅよう)と診断され、治療を続けてきた。小学6年だった2021年秋に病状は悪化し、自力で歩けなくなった。

 11月、福井大学病院で脳のMRI検査を受けると、腫瘍が前月の1・5倍の大きさになっていた。

 呼吸をしたり心臓を動かしたりする働きの…

この記事は有料記事です。残り860文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント