具象×抽象、観客を揺り動かす 三東瑠璃が再演「ヘッダ・ガーブレル」

有料記事

[PR]

 ダンサーで振付家の三東瑠璃(みとうるり)が、自身のカンパニーCo.Ruri Mitoと踊る「ヘッダ・ガーブレル」が今月、東京・池袋の東京芸術劇場シアターイーストと名古屋の愛知県芸術劇場小ホールで再演される。森山未來や杉山剛志らと昨年3月、東京のシアター風姿花伝で初演し、話題を集めた作品だ。

 三東…

この記事は有料記事です。残り647文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント