野党、広がる距離 不信任案、維新「猿芝居」・国民「政治空白」 立憲、対決構図作れず

有料記事

[PR]

 立憲民主党が衆院に提出した岸田文雄内閣への不信任決議案は9日、与党と日本維新の会国民民主党などによる反対多数で否決された。参院選を前に政権との対決姿勢を強めたい立憲だったが、むしろ野党間で広がる距離が強調される形となった。▼1面参照

 9日午後の衆院本会議で、立憲の泉健太代表が内閣不信任案の趣…

この記事は有料記事です。残り1147文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!