(ぶらっとラボ)高速計算、秘策は光のループ

有料会員記事

[PR]

 次世代の超高速コンピューターとして注目が集まる「量子コンピューター」。開発競争の主流は、超伝導回路方式だが、そこに「光」を使う方式で挑む若き研究者がいる。東京大学の武田俊太郎准教授(34)。秘策は「ループ」だ。

 実験室のテーブルには、ミラーなどの光学部品がところ狭しと並べられている。その数500…

この記事は有料会員記事です。残り571文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載ぶらっとラボ

この連載の一覧を見る