知的障害の受刑者、専門支援 長崎刑務所でモデル事業

有料記事

[PR]

 法務省は14日、知的障害がある九州の受刑者を長崎刑務所(長崎県諫早市)に集め、民間団体と連携して社会復帰を支援するモデル事業を始めると発表した。知的障害者は出所後に再犯に及ぶ割合が高く、専門的な指導をして再犯防止に取り組む。

 長崎刑務所は同日、罪を犯した障害者らの保護更生に携わってきた社会福祉法

この記事は有料記事です。残り172文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント