フィンランド、隣国の生存戦略 ソ連との戦争の末「中立」

有料記事

[PR]

 北欧フィンランド北大西洋条約機構NATO)への加盟を申請した。第2次大戦後、長大な国境を接する旧ソ連・ロシアに配慮して軍事的中立を守ってきたが、ウクライナ侵攻が転機となった。長年の中立政策がどうして生まれ、いま転換に至ったのか。フィンランドの苦悩の歴史をひもといて考えた。

 大国が、隣り合う…

この記事は有料記事です。残り1433文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!