AIでトマト、安定生産狙う 熟練者の農場を学習 水・肥料、与え方伝授 カゴメ・NEC

有料記事

[PR]

 カゴメとNECは、世界的に需要が高い加工用トマトの生産を、AI(人工知能)で効率化するシステムを開発した。AIが大規模な農場で水や肥料を与える最適な時期や量を教えてくれる。熟練者でなくても安定した収穫が見込め、コスト削減や生産者の拡大につなげるねらいだ。

 両社が15日、システムの販売や技術開発を…

この記事は有料記事です。残り574文字有料会員になると続きをお読みいただけます。