困窮家庭「物価高で生活苦しく」85% 夏休みの食事、不安の声 支援団体調査

有料記事

[PR]

 食料品の値上げなどが困窮家庭の生活を脅かしている。支援団体が最近の物価高で生活が苦しくなったかをアンケートしたところ、「大変苦しくなった」「苦しくなった」と答えた人の割合があわせて85%にのぼった。学校での給食がなくなる夏休みに、食事がきちんととれるかという不安の声も多かった。

 調査をしたのは…

この記事は有料記事です。残り582文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント