侵攻、ロシア国民の歴史観 根深い被害者意識 「ボロジノの戦い」再現、愛国心高揚に利用

有料会員記事

[PR]

 ウクライナ侵攻を始めたロシアのプーチン大統領国際法違反の侵略行為だとして国際社会から厳しい批判を浴びているが、多くのロシア国民にはその言葉が支持されている。その理由の一つに、ナチス・ドイツなどの侵略を受けた過去からつくられた「いつもロシアは攻撃される」という被害者の意識がある。ロシアが、そのよう…

この記事は有料会員記事です。残り1427文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら