(「国策」の責任 原発訴訟:上)国に苦しめられたのに 亡父の意思、被災者支援へ 福島の原告

有料会員記事

[PR]

 11年越しの被災者らの願いは、届かなかった。想定外の津波なら原発事故への国の責任はない、とした最高裁。仕事や人との絆を奪われ、「わずかでも国は責任を」と求めてきた原告たちは憤った。▼1面参照

 「こんな判決、受け入れられない」「納得できない」。17日午後、判決言い渡し直後の最高裁判所の前は、原告…

この記事は有料会員記事です。残り3006文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら