五輪経費、300億円減へ 契約見直し 都の負担200億円圧縮

有料会員記事

[PR]

 昨夏に開かれた東京五輪パラリンピックの最終的な大会経費が、昨年末時点で見込まれていた1兆4530億円から約300億円少なくなることが18日、関係者への取材でわかった。契約の見直しなどで支出を抑えたため。21日にある大会組織委員会の理事会で決算が承認される見通しだ。

 大会が無観客開催となり、組織…

この記事は有料会員記事です。残り76文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら