切れた国の支援、続く窮状 物価高騰・就労に持病の壁「意欲あるのに」

有料記事

[PR]

 コロナ禍で生活が苦しい人向けに用意された支援はすべて使い切ってしまった。残りのお金は数万円しかない――。大阪府内に住む50代女性は求職中。これまで国の支援策を利用しながらしのいできた。だが、政府が今春以降打ち出した物価高騰への緊急対策に活用できるものはなかった。

 一昨年2月、パートで勤務してい…

この記事は有料記事です。残り1309文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント