史跡相当、国がリスト化 埋蔵文化財の保護へ 文化審議会案

有料会員記事

[PR]

 文化審議会の調査会は20日、国史跡に相当する埋蔵文化財を適切に保護するため、国がリスト化を図る案を公表した。史跡指定前の遺跡を把握し価値をあらかじめ示すことで、開発に伴って遺跡が見つかり貴重な遺跡が失われることや、開発への影響を避ける狙いがある。

 今回の埋蔵文化財保護のあり方の見直しは、明治時…

この記事は有料会員記事です。残り556文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら