(私の視点)内申書の簡素化 不利益記述の排除も進めて 望月由孝

有料会員記事

[PR]

 広島県教育委員会は2023年度から公立高校入試内申書の簡素化を図り、氏名、性別、志望校、3年間の学習の記録(評点)だけにすることになった。素晴らしい英断であり、全ての都道府県で簡素化することを望みたい。

 内申書は調査書とも言われ、入学・就職試験時に学校長が進学・就職希望先に交付する。学業成績…

この記事は有料会員記事です。残り956文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら