外来植物駆除、高校生と市がタッグ 長野・飯山、授業きっかけ

有料会員記事

[PR]

 堤防を埋め尽くす黄色い花は菜の花? 答えは外来植物。では駆除を――。高校での授業がきっかけとなり、生徒と行政で生態系を守る取り組みが始まった。

 5月下旬、長野県北部の飯山市を流れる樽川。黄色い花が堤防一面に広がる。

 その花を、下高井農林高校(同県木島平村)の「グリーンデザイン科」の呼びかけで集…

この記事は有料会員記事です。残り603文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら