(2022参院選 政策の分岐点)高齢化社会 膨らむ医療・介護費、負担どこまで

有料会員記事

[PR]

 宮城県に住む男性(88)は今月上旬、年金額改定通知書を見て肩を落とした。月769円少なくなっていた。自宅にひとり暮らし。年金額は厚生年金の平均14万6千円より多いが、冠婚葬祭など地域の付き合い、病気の姉への援助でお金がかかり、余裕はない。物価高ものしかかり、5月の電気代は前年より2割増え、灯油代も…

この記事は有料会員記事です。残り1660文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら