R-18文学賞・上村裕香さん「笑いは救いなんじゃないか」

有料会員記事

[PR]

 第21回女による女のためのR―18文学賞新潮社主催)の贈呈式が開かれた。大賞は上村裕香(かみむらゆたか)さんの「救われてんじゃねえよ」。難病の母を介護する女子高校生の日常が克明に描かれる。「明日の光も見えないような状況のなかで、それでも人は笑える。笑いは救いなんじゃないかということを書きたいと思…

この記事は有料会員記事です。残り243文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら