(語る 人生の贈りもの)小林光一:8 猛反対乗り越え、師匠の娘と結婚

有料会員記事

[PR]

 ■囲碁棋士小林光一

 《タイトル戦で活躍する兄弟子の背中を追いつつ、小林青年は13歳年上の師匠の三女、木谷禮子(れいこ)六段に恋をした》

 禮子は木谷家7人の子どもの中で、ひとり棋士の道を選んだ。しっかり者で、なんといっても師匠の娘だから、優等生とはいえない弟子たちから怖がられる存在でした。ま…

この記事は有料会員記事です。残り679文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る