女性候補、やっと3割 過去最高33.2%「均等」遠く 参院選

有料会員記事

[PR]

 22日に公示された参院選の全候補者に占める女性の割合は33・2%で、衆院選を含めた戦後の国政選挙で初めて3割を超えた。男女の候補者をできる限り均等にするよう政党に求める「政治分野における男女共同参画推進法」(候補者男女均等法)の施行から4年。女性に初めて選挙権・被選挙権が認められた1946年の衆院…

この記事は有料会員記事です。残り1896文字有料会員になると続きをお読みいただけます。