もろい民家、次々倒壊 アフガン地震、山岳地帯襲う

有料会員記事

[PR]

 アフガニスタン東部で22日未明に起きた地震は、寝静まった山岳地帯の村々を激しく揺さぶった。泥や岩でできた構造のもろい民家が倒壊し、就寝中だった多くの住民が家屋の下敷きになったり、逃げ遅れたりしたことが、被害を拡大させた可能性がある。▼1面参照

 被害が大きかった東部パクティカ州のサイード・ムハンマ…

この記事は有料会員記事です。残り580文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら