自公、改選過半数の勢い 野党、1人区ふるわず 序盤情勢、朝日新聞社調査 参院選

有料会員記事

[PR]

 7月10日投開票の参院選について、朝日新聞社は22、23日、全国の有権者を対象に電話とインターネットによる情勢調査を行い、取材で得た情報も加え、序盤情勢を探った。自民、公明の与党は改選過半数(63)に達し、非改選を含めた定数の過半数(125)を上回る勢い。選挙戦を左右する1人区で野党はふるわず、立…

この記事は有料会員記事です。残り924文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら