(いま聞く)山本竜也さん 気象庁職員 核のごみ処分場、反対の訳は

有料会員記事

[PR]

 ■語り継ぐ難しさ、十万年も管理するなんて…科学の発展待つしか

 原発から出る高レベル放射性廃棄物、通称「核のごみ」をどこに埋め立てるか。北海道寿都(すっつ)町で最終処分場の議論が始まり間もなく2年。町民より寿都の歴史に詳しい気象庁職員の山本竜也さん(45)は反対の立場だ。現地にいって理由を聞いた…

この記事は有料会員記事です。残り2439文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら