(声)「三種の神器」駆使して主夫業

有料会員記事

[PR]

 主夫 平井良忠(千葉県 77)

 妻ががんで逝ってから3カ月余となる。

 コロナ禍で臨終の際は90分しか一緒にいられなかったが、絶筆の「ありがとう」のメモと、息を引き取る前の「うれしかった」の一言をよりどころに、新生活の日課に取り組んでいる。

 主夫業が板につくよう、料理をコツコツ身につけている…

この記事は有料会員記事です。残り219文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載

この連載の一覧を見る