紛失USBを発見 情報流出可能性低く 尼崎市

有料会員記事

[PR]

 紛失していた兵庫県尼崎市の全市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリーが24日、見つかった。情報流出の可能性は低いという。

 協力会社の社員がUSBメモリーを紛失した情報システム大手BIPROGY(ビプロジー)(旧日本ユニシス東京都)の平岡昭良社長は24日、尼崎市内で会見し、「甘えがあったの…

この記事は有料会員記事です。残り555文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら