朝日歌壇

有料会員記事

[PR]

 ☆印は共選作

 <永田和宏選>

 「待っててやすぐ行くから」と泣く人を離して棺の蓋は閉ざさる(八尾市)吉谷往久

 町はずれ古びた公衆電話なら忘れた君の声聞けそうで(横浜市)杉本恭子

 舞鶴と敦賀を結ぶ「小浜線」降っても照っても二輛編成(舞鶴市)吉富憲治

 里山の地蔵の脇に一対の鬼瓦ありカップ酒あ…

この記事は有料会員記事です。残り1828文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載朝日歌壇

この連載の一覧を見る