(朝日・東大谷口研究室共同調査)性の多様性、自民慎重 賛成派、半数切る 参院選候補者

有料記事

[PR]

 LGBTなどの性的少数者をめぐる「理解増進」法案の制定といった多様性の実現について、参院選候補者に尋ねたところ、自民党が他党よりも賛成派が少なく、主要9党のなかで、賛成派が唯一半数を切る40%となった。

 朝日新聞社と東京大学谷口将紀研究室の共同調査でわかった。候補者545人中、公示された6月22…

この記事は有料記事です。残り583文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント