(記者解説)原発事故、被害者賠償は 早期の救済へ国の指針見直し必須 編集委員・南相馬支局長、大月規義

有料会員記事

[PR]

 ・最高裁判決で国は原発事故の賠償責任から免れたが、被害を広げた責任は消えない

 ・賠償指針の見直しは必至。国の動きは被害者の早期救済とはほど遠い

 ・原発依存への安易な回帰は、想定を超えた被害に目をつぶることになる

     ◇

ここから続き

 東京電力福島第一原発の事故で、東電や国に損害賠償を求めた集団訴訟は…

この記事は有料会員記事です。残り2120文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら