(憲法を考える)参院とは何か、尽きない議論 誕生75年、憲法制定以来の宿題

有料記事

[PR]

 ■憲法を考える 視点・論点・注目点

 日本の議会が戦後に貴族院をなくし、新憲法の下で二院制を保ちながら、衆院と同様に国民が議員を選ぶ参院ができて75年。3年ごとにある選挙は今回で26回目となる。「良識の府」「再考の府」と呼ばれ、衆院とは違う役割が望まれてきたが、参院のあり方をめぐる議論は今も尽き…

この記事は有料記事です。残り3546文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!