(2030 SDGsで変える)着たい服、誰もが楽しめるように 体が不自由な人へ、既製服を補正

有料会員記事

[PR]

 自由な服選びをすべての人に――。障害や病気で体が不自由な人のために、好みの既製服を手頃な価格で補正するサービスが注目されています。選択肢を増やすことは、SDGs(エスディージーズ)(持続可能な開発目標)が目指す不平等の是正につながっています。長谷川陽子

 ■「着るものない」現実に衝撃、発案

この記事は有料会員記事です。残り3243文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載2030 SDGsで変える

この連載の一覧を見る