(政治とくらし 2022参院選)最後の別れ、続く制限 心ほぐす「湯灌」かなわず

有料記事

[PR]

 ゆっくりと浴槽につからせ、足の指先から頭まで、シャンプーやボディーソープで丁寧に洗っていく。熱めの湯が好きだった人。おしゃれ好きで、ひげは伸ばしていた人。家族から聞き取った「その人らしさ」を大切に、旅支度をする。

 亡くなった人の体を洗い清める湯灌(ゆかん)。現世の疲れや苦しみを洗い流すという意味…

この記事は有料記事です。残り1387文字有料会員になると続きをお読みいただけます。