(評・舞台)東宝「ガイズ&ドールズ」 愉しく贅沢にアップデート

有料会員記事

[PR]

 人気作が華やかにアップデートされた。オープニングから小粋。オーバーチュアに乗せて映画ロゴが映し出され、観客を早々に物語世界に誘うのだ。幕が上がると、そこは活気づく1936年のニューヨーク。実は、原作舞台の時代設定は初演の50年あたり。それをデイモン・ラニヨンの原作小説の世界に移したのは、原作者お得…

この記事は有料会員記事です。残り576文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら