山下達郎ワールド、美しく緻密に 「やっぱり、職人でありたい」 11年ぶりオリジナル新譜

有料会員記事

[PR]

 昔から「アーティスト」という言葉は苦手だ。「僕は職人のほう。芸術家とか文化人よりも、指し物職人やそろばん職人の技術に、僕は憧れるんです」。山下達郎はそう語る。11年ぶりとなるオリジナルアルバム「SOFTLY」を22日にリリースした。名工・山下が緻密(ちみつ)に設計した音世界が、久々に姿を現した。

この記事は有料会員記事です。残り1083文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら