サハリン2、「ロシアへ譲渡」命令 プーチン大統領、事実上「接収」の可能性

有料会員記事

[PR]

 日本企業も出資するロシア極東の資源開発プロジェクト「サハリン2」について、ロシアのプーチン大統領は6月30日、運営会社の資産をロシアが新たに設立する会社に移すことを定めた大統領令に署名した。ノーボスチ通信が伝えた。事実上、国による「接収」となる可能性がある。ウクライナ侵攻をめぐり欧米と連携してロシ…

この記事は有料会員記事です。残り1690文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら