米、CO2規制権限「限定的」 バイデン政権に痛手 最高裁判決

有料会員記事

[PR]

 米連邦最高裁は6月30日、米環境保護局(EPA)が発電所からの二酸化炭素(CO2)排出量を限定的にしか規制できない、とする判決を言い渡した。気候変動対策を進めたいバイデン政権にとって、痛手となりそうだ。

 今回の訴訟では、排出規制に関するEPAの権限の範囲をめぐり、ウェストバージニア州などが訴えて…

この記事は有料会員記事です。残り303文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら