2年前の入浴中、一時心肺停止に 育児放棄認定 大阪の死亡女児

有料記事

[PR]

 大阪府富田林市の団地で2歳の女児が熱中症で死亡し、祖母(46)と内縁の夫(50)が保護責任者遺棄容疑で逮捕された事件で、女児が2年前、この部屋で祖母が入浴させている際におぼれ、一時心肺停止になっていたことが捜査関係者らへの取材でわかった。

 大阪府富田林子ども家庭センター(児童相談所)はネグレクト

この記事は有料記事です。残り397文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。