(多事奏論)中国に渡る日本人研究者 知を交える、フロントランナー 吉岡桂子

有料会員記事

[PR]

 「極秘無期限」と記されている。

 「北京・上海高速鉄道を21世紀の両国友好のシンボルとしたい」

 「最新技術を全面的に移転するとともに、資金面での協力を検討していく考え」

 1999年7月、北京で行われた小渕恵三首相と朱鎔基首相(肩書はいずれも当時)の首脳会談を控えて、外務省が作成した発言応答要領…

この記事は有料会員記事です。残り1388文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら