京都非公開文化財、18カ所で公開へ

[PR]

 ふだんは公開されていない貴重な文化財を披露する「京都非公開文化財特別公開」(京都古文化保存協会など主催、朝日新聞社特別協力)の今秋の開催概要が1日、発表された。9月に2カ所で夜間拝観があり、10~12月に18カ所で特別公開する。拝観料は文化財の保存・修理にあてる。平安時代の陰陽師(おんみょうじ)・安倍晴明(せいめい)をまつる晴明神社(上京区)は初参加。晴明の肖像画などを公開する。同じく初参加の来迎院(らいごういん=左京区)は、いずれも国重要文化財薬師如来坐像(ざぞう)=写真中央、京都古文化保存協会提供=、釈迦(しゃか)如来坐像=同右=、阿弥陀如来坐像=同左=などを公開する。

 日程は次の通り。

 【夜の部】上賀茂神社、光照院=9月17~25日。

 【昼の部】晴明神社=10月8日~11月20日▽上賀茂神社、東福寺三門=10月8日~12月4日▽泉涌寺(せんにゅうじ)舎利殿=10月9~20日▽下鴨神社=10月24日~12月4日▽知恩院三門、石清水(いわしみず)八幡宮=10月28日~11月6日▽霊源院(れいげんいん=建仁寺山内)=10月29日~11月6日▽白峯(しらみね)神宮=10月29日~11月12日▽東寺講堂・五重塔=10月29日~11月13日▽東福寺法堂=11月1~30日▽冷泉(れいぜい)家=11月3~6日▽松尾大社=11月3日~12月4日▽泉涌寺本坊・霊明殿=11月6日~12月4日(11月12、13日は休止)▽京都ハリストス正教会=11月8~18日(13日は休止)▽来迎院、蓮成院(れんじょういん)=11月12~30日▽清浄華院(しょうじょうけいん)=11月18~27日。

 拝観料は1カ所あたり大人1千円、中高生500円(一部異なる)。詳細は協会ホームページ、問い合わせは協会(075・451・3313)。