(いちからわかる!)個人活動の芸術家らを支える動きがあるの?

有料会員記事

[PR]

 ■口約束の慣習が問題。文化庁が契約書の例を作っている

 Q 芸術家が働きやすくなるよう、国や業界が動いているの?

 A 文化芸術界では、組織ではなく個人で活動する人が多く、弱い立場に置かれがちだ。文化庁が、技術スタッフ団体の関係者や俳優、弁護士らを集めて、契約(けいやく)についての指針や契約書のひ…

この記事は有料会員記事です。残り741文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載いちからわかる!

この連載の一覧を見る