唾液中のたんぱく質にコロナ防ぐ効果 唾液少ない高齢者、重症化の一因か 大阪公立大など研究

有料記事

[PR]

 大阪公立大学などの研究チームは、唾液(だえき)の中に含まれるたんぱく質に、新型コロナウイルスの感染を妨げる効果があることを突きとめたと発表した。お年寄りは唾液量が減るため、発症しやすさや、結果的に症状が重くなる一因になっている可能性があるという。

 新型コロナはウイルス表面のスパイクたんぱく質が…

この記事は有料記事です。残り363文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!