(耕論)予備費と民主主義 藤井裕久さん、藤井亮二さん、大西祥世さん

有料会員記事

[PR]

 ■2022参院選

 「コロナ対応」で兆円単位で積まれるようになり、今度は物価高対策にも使われ始めた国の予備費。政府の一存で使えてしまうお金の扱い方に浮かぶ、民主主義の課題とは。

 ■国会軽視で乱発、国を誤る 藤井裕久さん(元財務相)

 1955(昭和30)年に大蔵省(現・財務省)に入り、予算編…

この記事は有料会員記事です。残り3481文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら