(おやじのせなか)片寄涼太さん 生き方、一緒に考えてくれた

有料記事

[PR]

 父は大阪府の公立高校で音楽教師をしています。どちらかというとアクティブではなく、ボソボソと言葉少なに話すタイプ。それでも関西人らしく人を笑わせるのが好きで、中学では落語をやっていたとか。作曲を学ぶため音大に行きたかったようですが、かなわず、教職の道を選んだと聞きました。

 私が小さかった頃、父はあ…

この記事は有料記事です。残り915文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載おやじのせなか

この連載の一覧を見る