参院選「一票の格差」提訴 最大3.03倍、全国一斉に 弁護士ら

有料会員記事

[PR]

 10日に投開票された参院選の選挙区で、最大3・03倍の「一票の格差」があったのは「投票価値の平等に反して違憲だ」として、弁護士グループが11日、選挙無効を求めて全国14の高裁・高裁支部に一斉に提訴した。

 総務省発表の当日有権者数(速報値)によると、一票の格差は、定数1あたりの有権者数が全国で最も…

この記事は有料会員記事です。残り232文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら